相続放棄
topg_2.gif
手続き方法

亡くなられた方の最終の住所地を管轄する家庭裁判所で手続きを行います。

相続放棄をすることによって、最初から相続人とならなかったものとみなされます。但し、注意しておかなければならないことは、次順位の相続人が相続権を取得する点です。

原則、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内」に行わないといけないことになっていますが、事前に申請することによって、期間を伸ばすことも出来ます。但し、相続放棄の手続きを行うまでに、相続の承認した場合は、相続放棄が出来なくなります。

「相続の開始があったことを知った時」とは、単に死亡したことを知ったときというだけでなく、「相続開始の原因たる事実を知り、かつ、そのために自己が相続人となったことを覚知した時」を指します。


必要書類その他

お問い合わせください。
topg_2.gif
qg_2.gif